FC2ブログ

Royal Milkcoffee Spicy

裏Blog 釣りと関係ないことあること徒然に、更新頻度は激低です

プロフィール

shota

Author:shota
英国は倫敦在住のピーターパン症候群。普段は釣りブログを熱血執筆中だが、たまには全然関係ないことをつぶやきたくなる。更新頻度は低め、内容もイマイチの気合いの入れようなので、ゆる~く覗いてみて下さい。本家釣りブログは下のリンクからどうぞ。

管理人の釣りブログ

TAG index
Royal Milktea Spicy
Pike Fishing

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーレーコッド

マーレーコッドという魚が、最近琵琶湖で捕獲されたそうです。コッドとありますが、海の鱈とは別の種族になります。きっと釣りや熱帯魚に興味がない人なら、ほぼ聞いたことがない名前であるとおり、もちろんこの魚もブラックバスなどと同じ外来魚です。外来魚とは必ずしも海外から移入された魚という意味ではなく、琵琶湖では数十年前に食用として他地域から移植されたワカサギも外来種です。

何が出来る訳でもありません。でも、数は多くありませんが心温かい、僕のブログ読者の方には知ってほしかった。この件に何を思うかは個人個人の考えがありますが、絶対に誰かが放さない限り、存在するはずのない魚なのです。マーレーコッドはオーストラリア原産の魚で、バラマンディーやサラトガ(ノーザンバラムンディ)と並んで、釣り人なら1度は釣ってみたい魚ランキングに入っているのではないでしょうか。オーストラリア最大の淡水魚です。

僕が初めてこの魚の写真や、マーレーコッドを対象としたルアーを見て知ったのは、僕が16歳の時です。実は僕の行っていた高校と市が、マーレーコッドの名前の由来にもなっているマーレー川の流れるオーストラリアのある州と、姉妹都市提携をしていたのです。そのプログラムの一環として、現地の高校に短期間交換留学をさせてもらったことがありました。残念ながら釣りはしていませんが、おみやげを漁りにホストマザーに連れられて行った釣具屋にはマーレーコッド関連の釣り具がたくさんありました。釣具屋のおじさんと、学校の先生と、手振り身振りでこの魚の話をしました。『トイレニイキタイデス』ぐらいの英語力だった僕でも、雑誌や写真をペラペラとめくるだけで、この魚が単に釣りに対象魚ということではなく、今では数が激減し貴重な魚であるということがわかりました。印象としては、日本のアカメのような位置づけなのかなぁと思ったのを覚えています。

そんなこともあり、この魚にはとても思い入れがあります。いつかは絶対釣ってみたい、生きた姿をこの目で見てみたいと、遊覧船で回ったあの川に思いを馳せます。その魚がどうして琵琶湖で捕獲され、お腹まで裂かれて何を食べていたかを調べられないといけないのか。僕は釣りをしている以上、魚にダメージを与えることはあっても、直接的に魚達が喜ぶことはしていません。魚を釣るという行為をどこで割り切るのかは、これも個人個人の考えで良いと思っています。

でも飼育は話がまた違います。一度飼うと決めて生き物を手にしたからには、最後まで責任を持って飼うのが当たり前の常識。犬や猫と同じ様に、生涯飼育をする決意がないのなら最初から飼ってはいけないし、もしもこれ以上飼えないと思ったなら、里親を見つけることだって出来たはず。極論殺して食べるぐらいの決意です。偉そうに書いていますが、僕も小さい頃、ヒーターが故障して水温がコントロール出来なかったり、きちんとした知識がなかったせいでたくさんの釣ってきた魚や熱帯魚をこの手で殺めました。それでも当たり前のこととして、飼えなくなった魚を川に逃がすなんて考えもしませんでした。非常識だと散々言われてきた僕ですら、それが間違ってることぐらい簡単にわかりました。

ひとりではないかもしれません。だけどこのマーレーコッドを琵琶湖に放した人、本人は絶対わかってるはず。この魚を放したのが、無邪気な子供だとは僕は思えない。小さな水槽で飼育を終えられる様な種類ではない魚を、気軽に買い与えて、放して来いと言った親がいたのならそれは問題外ですが、そんなことはないと信じたいです。

運が良くも悪くも、この魚は捕まりましたが、きっとまだ数え切れない『捨てられた魚』がいるはず。熱帯魚屋で売っている魚は冬を越せないなんて考えている人がいたら甘いもいいところです。中にはオーストラリアや北米原産の魚だって売られているし、それらの魚の中には日本で越冬出来るものもいるでしょう。単数で放された魚が、『つがい』になって繁殖する可能性だって0じゃないのです。捕獲時の体調からして、10年も20年も琵琶湖で生きていた魚ではありません。これだけ外来魚が問題になってる今この時に、誰かが逃がす以外ありえないのです。

はぁ。なんだか外来魚問題摘発ブログみたくなってしまったのでもうこの辺にしておきます。こういった事件に対して、対策も、自分の意見も発信出来ませんが、せめて『知らせる』ことは誰にで、僕にでも出来ます。
これから魚を飼う人も飼っている人も、もう一度考えて欲しいです。誰も知らないで、あるいは見て見ぬふりをして危機感を持てずに、その結果絶滅していった動物が日本にもたくさんいます。大袈裟ではなく同じことです。
偽善でも善。その言葉を信じて今日もつぶやかせて頂きました。

もしも何を言ってるんだいと議論をしたい人がいたら、大いに語りましょう。

お互い実名と身元を明かして、喧嘩して友達になるぐらい話しましょう。

僕は日本の魚が居なくなるのも、連れてこられた魚が殺されるのも同じぐらい悲しいです。

それと同じぐらい熱くなれる人なら、~派なんて関係なく絶対分かりあえます。

何処に行っても魚のことばかり考えて、魚の話しばかりしても恥ずかしくない様な魚バカだから。
スポンサーサイト

何を残せるのか

ロンドン全く関係ありません。目にしたニュースを見ていたらムカムカとしてきたので八つ当たり更新しています(爆)

この前日本に一時帰国した時に、昔は水面は蓮に覆われ、足もとは泥だらけになりながらでしか釣りが出来なかった池に行った。最後に行ったのは10年ぐらい前だったと思うけど、その変貌ぶりには驚いた。

岸際は護岸が整備されて、駐車場、トイレ、自動販売機が揃い、水面は美しいオープンウォーター。蓮に覆われている池の半分はなんと立ち入りが禁止、釣りをするのが許されているのも護岸整備されたわずかな場所だけ。一度水抜きもされたので魚は随分減った様だ。

野鳥を守るため、池本来の姿を取り戻すため、自然と触れあうため等々、理由は色々あるだろうが、そのために護岸整備は必要ないし、自然と触れ合うために、落水防止用なのかわからないが、水中に変なフェンスは必要ない。野鳥が食べる昆虫や小動物はコンクリートに集まる訳じゃないし、池のすぐ隣の巨大な駐車場は、絶対に池本来の姿じゃない。

地元の調整池は全て危ないから立ち入り禁止になった。昔から暗黙の了解気味なグレーゾーンで、小さい頃はそこでよく皆で釣りをしたものだが、今は全く入れる隙もないし、この歳で不法侵入は正直まずい、、、。いや立ち入り禁止に入ってはいけない。100%こちらが悪いのだけど、でもその理由を大人に聞いても危ないからとしか言われなかった。
でも何が危ないのか?水があるのなら溺れるし、裸足で入っていけば足を切る。きっと何か虫にも刺されるだろうし、足を滑らせて転ぶかもしれない。でもそれ全部ひっくるめて池でしょう。そんなこと言いだしたら日本中の川から海、水辺は全部立ち入り禁止になってしまう。危ないと思うなら親が子供を行かせなければ良いし、一緒に行って何が危ないのか教えに行けばいい。

池が危ないのではなく、自然に対する『畏れ』を持たず、何も『知らない』ことが何より危ない
その危ない池全てで泳いだことのある僕は、ほとんど池の事を隅から隅まで知っていた。そして怖かった。でもそんな変人まがいな少年は、自分はよっぽどマトモだと思っていた。ヤゴって何?トンボはトンボを産むと真顔で思っている同級生に比べたらよっぽどマトモだと。

自然と触れあうにはそれなりのリスクと知識が必要だ。例えば夜カブトムシを取りに行くなら、樹液の出るところにはほぼ100%スズメバチもいる。それが嫌ならペットショップやスーパーで買う訳だが、ペットショップ世代の更にその子供の世代になった時、ひょっとしたら彼らはカブトムシは樹液じゃなく、もともと昆虫ゼリーを食べるものだと思うかもしれない。
中学~高校にかけて、夏祭りで捕まえたカブトムシやクワガタムシを子供達に売って小遣い稼ぎをしていた時に、その子供達も親達も、誰もそのムシ達を地元で捕まえたものとは信じなかった。まあ今はその森も住宅街になってしまったけど。


話を水辺に戻すと、最近日本各地で外来魚撲滅イベントが行われているらしい。親子でブラックバスやブルーギルなどの『目立つ外来魚』を釣って楽しんで駆除をして、昔の川を取り戻そうという何ともおかしなイベントだ。その釣った魚を食べるならまだしも、自分の子供に向かって『この魚は悪い魚だから殺そうね』と笑顔で教えている親がいるとしたら、何より危ないのは彼らの様な人間達で間違いない。

別に僕は学者でも何でもないけど、時々心配になる。そして寂しくなる。僕らが小さい頃あんなに楽しかった遊びを、ひょっとしたらこれから先の子供達は経験も出来なければ、知りもしないで大人になるのかもしれないと思うと。
単純に子供の頃と全く同じ視点から見て、もったいないなぁと感じてしまうのだ。

何が出来るのか?自分の身を犠牲にして、ボランティア活動でもしてしまう様な力も余裕も、そして決意が無いうちは、僕が嫌う大人達となんら変わりはないんだろうな。そんなこと考えているとムキャーっとなってくるのです。この偽善者め、と。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。